一夜限りの『GSワンダーランド』日劇GS復活祭



画像
特別試写会が当選したので
日劇1に行って来ましたー

レッドカーペットの上を
歩いちゃいました。
(後から知ったけど、
 往年の人気シンガーが
 続々と登場だったらしい
 ↓記事参照)

D列の真ん中付近通路側と
イベント見るには最高の席
・・・だけど、映画は近すぎた

~~~~~~~~~~~
GSワンダーランド
キャスト:栗山千明、水嶋ヒロ、
 石田卓也、浅利陽介、
 温水洋一、マナ・カナ、
 武田真治、杉本哲太、
 大杉漣、岸部一徳、
 高岡蒼甫 など
~~~~~~~~~~~

全身タイツメンで登場かと
思ってたけど、普通に
皆さんカッコイイお姿で
4人とも舞台挨拶でした。

栗山千明は綺麗でした。
水嶋ヒロもカッコよかった。
浅利陽介は昔のキッズウォー
のまんま、なんか陽気な人でした。
石田卓也はよくわかりません。
(映画内での歌はうまかったです)

司会はモト冬樹、自虐ネタで
かなり笑いを誘ってました

できれば、最後に、
生歌披露して欲しかったなぁ~

あと、温水さんや武田真治も
きたら面白かったのに。

映画は、まだ生まれてない時代の
お話だったので、面白かったです。
こんな時期があったんだー
みたいな感じで。
あまり期待してなかった分
素直に楽しめましたー。

コメディタッチで笑えるシーンも多く、
ザ・ナックルズという対抗バンドで、
高岡蒼甫(ルーキーズの若菜役の人)
がキレまくりだし、
その他にも意外と豪華な顔ぶれの
人達がチョコチョコでてました。

曲も良かったし、特にメインの
デビュー曲は何故か、耳に残る

==========================================
< 舞台挨拶関連記事 >
 ■Yahoo!動画
 ■公式レポート

 ■バラエティ・ジャパン
 ■シネマトゥデイ
 ■TSUTAYAオンライン
 ■オリコンスタイル
 ■デイリースポーツ
 ■Gyao
 ■Felista
 ■Pakira
 ■Cinema.Cafe.net
 ■CINEMA TOPICS ONLINE
==========================================

↓スピン・オフ企画?らしい、
ザ・フレッシュ・フォーの
(温水洋一がリーダーのバンド)
サイドストーリーが見れます。
本編を知っている方はかなり
楽しめると思います。

『ビバ!GS野郎1』

『ビバ!GS野郎2』

『ビバ!GS野郎3』



画像
有楽町マリオンは
イルミネーションで綺麗
だったよ。






海岸線のホテル(DVD付)
ウルトラ・ヴァイヴ
2008-11-01
ザ・タイツメン

ユーザレビュー:
真面目に真剣に徹底的 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




GSワンダーランド・オリジナル・サウンド・トラック
ウルトラ・ヴァイヴ
2008-11-15
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • HIRO@レガシィ乗り

    石田卓也君は、ジュノンボーイらしいですよ。

    実は自分は黒川芽以ちゃんのファンなんですが、「グミ・チョコレート・パイン」という映画で主役&ヒロインで共演してたので、トークイベントや舞台挨拶で何回か見ました。

    あまり積極的に話す感じではないみたいですね。
    その映画では役柄にあわせ、体重を20~30キロぐらい太って撮影に挑んでいたそうです、スゴイ!


    同じく芽以ちゃんがらみで、「子猫の涙」の舞台挨拶で主役の武田真治さんみました。
    ユーモアあっておもしろいし、ファンの人に優しく応対していたし、とっても感じの良い方でしたよ☆
    2008年11月28日 02:01
  • TAKA

    >HIROさん
    ふむふむ、ジュノンボーイ
    なんですか、
    石田さんは「濱中太陽」役で
    ROOKIESにも出るみたいですね。
    今日見かけた気がします。
    役者魂スゴイっスね。

    結構HIROさんも
    舞台挨拶とか行ってらっしゃる
    んですねぇ~
    2008年12月04日 19:51

この記事へのトラックバック

「GSワンダーランド」面白いとは思いますが…。
Excerpt: 記事投稿日時 2008年11月5日23:03 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  今から40年ほど前の日本を、熱狂の渦に巻き込んだ“GS(グループ・サウンズ)ブーム”。..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2008-11-20 18:38