『THE MYTH/神話』ジャパンプレミア行ってきましたー

画像
先週の
『SPL狼よ静かに死ね』の試写会に続き、今日も試写会!
しかも、話題の武侠大作ジャッキー最新主演映画
『The Myth/神話』のジャパンプレミアへの当選(ノ´∀`)ノ
会社午後休して、別の用事を済ませてから、いざお台場へ!

レッドカーペット
・・・立ち止まる指定ポイントの所の最前列に陣取ったら
記者の方が大勢やってきて、前にプレス用の
スペースが設けられて``r(・∀・;)
しまった、階段横がよかったかもとちょっと後悔。
でも隙間からなんとか見えましたー
まずは、ルー大柴、アジャコング、X-GUN(丁半ころころ?)などなど、
鑑賞にやってきた芸能人の方が多数登場。
MSN写真
そして、ようやく最後に僕らのヒーロー、
ジャッキー・チェン登場
キム・ヒソンと一緒に階段から降りてきましたー
凄く近くで生ジャッキー見れて感動ッス!
なんとか頑張って携帯で写真ゲット(右上)。
キム・ヒソン(来日イベント)はほんと美人さんでした。

その後、会場に入って、
パンフレット(プレス用と同じ物?)受け取り
楽しみにしていた、舞台挨拶
が始まりました。早めにいって指定席交換
したかいがあり、滅茶苦茶いい席で
ジャッキーのトークを楽しめました。
登場時に手振ったら、ジャッキーは別の人に反応してて
タイミング悪すぎた。
しかし、何故かキム・ヒソンが振り返してくれた(笑

スペシャルゲストとして、花束贈呈役にタッキー登場(゜∀゜ノ)ノ

内容は各誌取り上げられているとおり、
共演の話、ジョークではぐらかされてました。

話は面白いし、終始ニコニコのジャッキー、
世界の大物スターとは思えないほどの
なんかフレンドリーさをかもしだしている(笑

それにしても、ジャッキーのさりげない
心遣いが目につきました。
キム・ヒソンさんの手がいっぱいになると
マイクを持って上げたり、写真撮影時は場所を
入れ替わったり、そして、最後の去り際には、
聴覚障害者の人達が手振っているのに気がついて、
すぐさま、手話で応えるジャッキー、ほんといい人だ(ノ∀;)
==========================================
ジャパンプレミア
 MSN
 Yahoo!ニュース
 中国情報局
 gooニュース
 ニッカン
 報知
 Cinem@rt
 WoW!Korea
 JC Official website

東宝シネマ来日記者会見

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
映画感想は↓一部ネタバレ注意
画像


タイトル:『THE MYTH/神話(ざ・みす・しんわ)』
      3月18日~公開
キャスト:ジャッキー・チェン(二役)、キム・ヒソン、
      レオン・カーファイ、スン・チョウ、マリカ・シェラワット、
      ユン・タク、チェ・ミンス、ユー・ロングァン、
      シャオ・ピン、ロー・ワイコン、はやま・ひろetc...
====================================
さて、舞台挨拶が終わり、ようやく映画の上映開始。
「ぼくがやる以上は中途半端なものは見せられない。
 フツーの歴史映画なら、ぼくが出る意味がない」

といわれているように、良くも悪くも普通の武侠映画とは違います!
時代劇と思って見に行く人は要注意です。
多国籍豪華俳優陣が勢ぞろい、アクションシーンも豊富で、
各大陸をまたにかけ、壮大なスケールで描かれています。
ストーリーはジャッキーが現代パート(考古学者)と
時代劇パート(将軍)をいったりきたり、
そして最後はそれがひとつにつながるという感じ。
時代を超えたお姫様(キム・ヒソン)とのラブストーリー?
------------------------------------------
<現代:見所ポイント>
レオン・カーファイと一緒に刀を盗む神殿のシーン
 →普通に神殿に駆け上るジャッキーと出来ないカーファイ、
  そして、降りるときも(笑
  棺が落ちてきてからのアクションも見物、
  二人のコンビで笑わせてくれます。
 ・刀を盗んだ後追いかけられる崖でのシーン
 →危な~いって、叫びたくなるような、普通に
  立ってるだけで足がすくんでしまいそうな所を
  軽々と滑り降りたり飛んだりと。しかも、パンフレットに
  よるとワイヤークレーンが入れなかったとか、
  落ちたら死んじゃうよ(ρ∀T)
 ・ユン・タクとの闘い
 →今回数少ない一対一の激しいバトル、ちょっと短いのと
  刀メインなのが残念か。
マリカ・シェラワットとのねずみ捕り工場でのシーン
 →ゴキブリホイホイみたいなネバネバしたベルトコンベア上での
  アクションシーン。これぞジャッキー、大笑い間違い無し!
  最後のやさしさもジャッキー作品ならではだね。
  セクシー?(/∀^*)なシーンも。。。

<時代劇:見所ポイント>
 ・キム・ヒソンを追いかけチェ・ミンスとのバトル
 →馬で疾走しながらの闘い
  (落馬しそうになって、ギリギリの所で助かったらしいけど)
  崖ギリギリで姫を乗せた馬車が落ちそうになってるシーンでは
  本当に火つけてるし、あれ万が一落ちたら・・・
  キム・ヒソンも大変ですね。
  (NGシーンで確認、しかも、別の飛翔シーンでは
  二度ワイヤー切れて危ない事になってます)
  それを横目に二人で戦ってる、は、早く助けてあげてぇ~
 ・雪の中の洞窟でのキム・ヒソンとジャッキーのシーン
 →舞台挨拶で状況を聞いた後だっただけに、
  その寒さが本当に伝わってきました。
  マイナス20℃を超えてる中で、撮り続けて、
  キム・ヒソンは失神したらしいです、しかもジャッキーは薄着。
 ・薬を取り返すための出馬シーン
 →将軍を慕う部下立ちの言葉にグッとくる感動シーンです。
追い込まれたジャッキーが一人奮闘するシーン
 →大勢の軍勢に囲まれた中、斬る、斬る、斬る、倒しまくり。
  そして・・・最後は、必見の衝撃シーン!!!

------------------------------------------

最後の部分だけちょっと不満なシーンはあったものの、
総合的には満足でした。
最後は、メダリオンが大嫌いというジャッキーファンには
多分受け入れられないかも。
ただ、普通に見れば文句ない素晴らしい出来とも
とらえることが出来ます。

CGとワイヤーが多用されているのがあからさまなのが・・・
もう少し考えて欲しかったかな、この最後の部分のおかげで
それまでのスタントも命張ってるのに、安っぽく見られて
しまいそうなのが残念。NGシーン見ると危ないシーンが
沢山あったのは明らかなのですがね。

やはり、好き嫌いが別れそうな作品かな?
秦の時代背景とか、その伝説などを知っていると、
最後の部分を含め、不死の薬や奥深く眠る都市など、
この辺の所は凄く感動する場面なんだと思います。
(オフィシャルページなどを見ておくといいかと)
あと、ストーリーがいったりきたりが、面白い、
という人もいれば、ぶったぎりされて気持ち悪いと
いう人もいるでしょうね。
夢に現実逃避したい自分は、なんだか現実と夢が
混乱するのがわかる気がして前者です(笑
最近、夢の続きが見たいからといって、二度寝する事
しょっちゅうですから``r(・∀・;)ぉぃ
ただし、いっぱい入れ込み過ぎだから、
それぞれの現代パートと時代劇パート、
個別の作品としてでも良かったかもという気もするぐらい
各パート別での出来はいいです。
時代劇パートは敵・味方が似ていてよくわからなかったのは
気になりましたけどね。

個人的には、他の時代劇作品、
「HERO」、「LOVERS」、「ヘブン・アンド・アース」、「MUSA-武士」・・・
などと比べても、全然一番楽しくて良かったですよぉー(・∀・)
真面目なジャッキーといつものジャッキー、一粒で二度おいしい。
この映画のもう一つ良かったところは、歌!
凄くいい感じに仕上がってると思います。

でも、前作『香港国際警察/NEW POLICE STORY』が良かっただけに
まだまだ、いい作品が出来るはずと、もう少し期待しちゃう♪
次作の、「BB計劃」はまた違ったテイストで楽しませて欲しいです。

上演終了後は会場内で拍手が起こり、良かったねー、楽しかったー
という声が周りから聞こえてきました。

DVDにはジャパンプレミアの様子収録されるかなぁ~?

==========================================
■映画紹介
 映画の森てんこ森
 CINEMA topics online
 goo映画
 CINEMA COMIN' SOON
 ぐっとほっと香港・コム
 WebStyle FUN!FUN!MOVIE
 AOL RECOMMEND
 Yahoo!KOREA
 CRI
 YesAsia.com
==========================================

公式HP:香港(曲のPVやメイキングの動画あり)
公式HP:韓国

この記事へのコメント

  • シュウ

    なんか日本刀を持った朝鮮人がいましたね。
    デザインまでそっくりそのまま。

    韓国人は「日本刀」は本来は「韓国刀」で韓国起源だと根拠なく主張していますが、その文化捏造活動の一環でしょうか。
    2006年03月17日 17:19
  • TAKA

    刀の種類とか詳しくないので(-.-;
    ま、そこまで考えてるのかはわからないですし、
    見る方も多分気にしていないと思いますけど。
    むしろそんなので争うのはナンセンスかなー
    <ヤフーとか
    2006年03月17日 18:46
  • 更紗♪

    はじめまして、TB&コメントありがとうございました。

    プレミアム試写会ですかー
    いいなー。キム・ヒソン綺麗でしたでしょうね。
    地方じゃ舞台挨拶あっても日本人しか来ませんしー

    さて、別人の指摘ありがとうございました。
    すっかり思い込んでみていたもので・・・(笑)
    2006年03月22日 19:04
  • TAKA

    >更紗♪さん
    どうもはじめまして
    僕ももともと地方人なんで、
    プレミア試写会とか初めてでしたし、
    本当にご本人達に逢えるとは
    夢にも思ってなくてびっくりしました。
    キム・ヒソンさんは本当にお綺麗な方で、
    やっぱりオーラが出てました(笑

    >さて、別人の指摘ありがとうございました。
    いえいえ、あれほんと知らない人は
    わかりにくいですよね(^∀^;
    2006年03月22日 23:29
  • Te T

    トラックバックありがとうございます。
    私の駄文もTBしようとしましたが、なんか上手くいかなかったようで、反映されていませんでした。もし、とんでもないところにTBされていたら御免なさい。
    2006年03月24日 08:13
  • sabunori

    こんにちは。
    TBありがとうございました。
    ネズミ捕り工場のシーンはジャッキーの真骨頂!という感じで楽しめましたね。
    ただしジャッキーのパンツの柄はどうよ、とは思いましたけど。(笑)
    2006年03月25日 01:13
  • TAKA

    >Te Tさん
    うーん、以前にもTBがうまくいかなかった
    っていう例も報告されているのでサーバー
    の問題でしょうかねー、申し訳ありません。
    よろしかったら何回か試してみて下さい。
    別に変な所にTBされてても全然
    気にしませんよ(^-^*)

    >sabunoriさん
    ネズミ捕り工場は本当に館内大爆笑でした(笑
    アイディアが凄いですよね。
    マリカあ、あぶなーい、み、
    みえちゃうー(ノ∀^)
    と思ったら、今度はジャッキー、
    パンツ、パンツ、と思わず
    画面に突っ込みたくなる
    ドリフみたいヾ(^∀^@)ノ
    2006年03月25日 01:59
  • tamacat

    TBありがとうございました。
    ジャッキー次回作は「BB計劃」というんですか。「プロジェクトA」の原題が「A計劃」でしたけど、関係あるのかな?
    2006年03月25日 02:51
  • xina-shin

    TB感謝です。
    生キム・ヒソン羨ましいです。
    成龍の人柄は素晴らしいですね。
    2006年03月26日 13:45
  • TAKA

    >tamacatさん
    ジャッキー次回作は通称
    〝BB計劃〟(〝Rob-B-Hood〟になったのかな?)
    と呼ばれている作品らしいです。
    今度は悪役をやってみたいという事で
    泥棒にチャレンジしています。
    3人の大人がベイビーを育てるという話
    らしいですよ。
    本当は、プロジェクトAのように、
    サモ・ハン、ユンピョウも出演予定
    だったらしいですが、都合がつかなかった
    らしいです、残念(T-T)

    >xina-shinさん
    生キム・ヒソンはちょっと感激でしたね。
    窈窕淑女で気になってた女性だったんで、
    生であんな綺麗な女優さんを拝めるとは(笑
    ジャッキーはやはり本当に誰からも尊敬される
    人なんだなと思いました。
    2006年03月26日 18:20
  • トトロ

    TBありがとうございました。
    わーいいなー ジャッキーに会えた(見れた?!)なんて・・・ 羨ましい限りです。これからも怪我しないように、いい映画をどんどん撮って欲しいですね。
    2006年03月28日 08:02
  • TAKA

    >トトロさん
    ジャッキー3mぐらいまで
    近づきましたーヾ(>∀<)ゞ
    左肩脱臼してましたけど、
    もう病院行ったのかなー
    さらに新しい映画で、胸を
    蹴られて痛みをしばらく
    訴えてるらしいですけど
    大丈夫ですかねー
    本当に、これからもまだまだ
    いい映画沢山見せて欲しいですね
    2006年03月29日 20:06
  • kank

    TBありがとうございます(^▽^*)
    生ジャッキーとキム・ヒソン羨ましいです♪
    私も行きたかった~♪
    2006年04月02日 07:03
  • TAKA

    >kankさん
    どうもコメントありがとうございます。
    お二人とも実際生で見た方がやはり
    さらなる魅力を感じましたーo(>∀<)
    もし次回機会がありましたらぜひ
    みにいってくださいね♪
    2006年04月02日 23:15
  • あけみ

    はじめまして。
    トラックバック有難う御座いました。
    「神話」見たばかりですが、また映画館で見に行きたいと思える程、感動と興奮が残っています。
    日本では不評の声が多いみたいですけど、そんな事はありませんでした。
    素晴らしい作品ですよ!

    この映画の音楽CDは売ってないのでしょうか?
    検索して探したのですけど見つける事が出来ませんでした。
    今後、発売する予定もないのでしょうか?
    もし何かご存知でしたら教えて下さい。
    初めてで長々と申し訳ないです。
    2006年04月09日 09:49
  • TAKA

    >あけみさん
    はじめまして、僕も素晴らしい作品だと
    思いますよ。
    不評の声って結構一部の
    ジャッキーファンの固定観念で
    最後の所がちょっとというのが多い
    ような気がします。
    まー、好き嫌いが別れてしまう作品
    ではありますが。
    僕の周りでは圧倒的に楽しかったという
    声の方が多いですね。

    >この映画の音楽CD
    残念ながら日本では売ってないみたいですね。
    今回グッズとかもなかったですし(T-T)
    海外版であれば、上の記事の最後の方に書いてる
    YesAsia.com
    という先で、音楽→THE MYTH
    で検索してみて下さい。
    Korean Versionとオリジナルサウンドトラックの
    二つがヒットすると思います。
    どちらも19曲入りなので内容は
    変わらないのかな?
    2006年04月09日 22:54
  • 元祖高根だがね

    いーないーな!
    ご指摘の点は確かにちょいと気になりました。
    「BB計劃」はミスターブーのクレジットもあったけど、コメディー?
    2006年04月12日 20:55
  • TAKA

    >元祖高根だがねさん
    さすがに3回も見たら、時代劇パートも
    よりわかったし、最後の部分も
    『史記』の実際の史実に基づいたもの
    という事で見たら素晴らしく納得いく
    出来でしたし、見れば見るほど
    味が出る作品って感じですねー

    ベイビープロジェクト(仮)
    は強盗3人の赤ん坊誘拐事件で
    起こるハプニングを描いた
    アクションコメディ
    らしいので、ジャッキーっぽさ満載かも
    しれませんね。
    ジャッキー自身はちょっと悪い人の役という
    事で、また新境地で新たな姿を見せて
    くれそうですし。
    ユン・ピョウ、サモ・ハンの代わりが
    マイケル・ホイなんですかねー

    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0412&f=entertainment_0412_002.shtml
    2006年04月12日 23:01
  • ピアノ弾きOL

    はじめまして&TBありがとうございました。
    TB機能がいまいち理解できないダメOLの為、失敗TBを上のほうに作ってしまいました(スミマセン!!)。削除をお願いいたします。

    ジャッキーの次回作楽しみにしましょう♪
    2006年04月16日 12:33
  • TAKA

    >ピアノ弾きOLさん
    はじめまして(〃⌒ー⌒)/
    気になさらないでくださーい、
    僕も最初TBよくわかりませんでした(笑
    同じウェブリブログなんですよねー、
    同じ事した記憶あります(/ω\)
    未だにブーメランコメントはあまり
    使いこなせてません(^^;

    記事のすぐ下にある
    トラックバックURL表示
    を押すと
    アドレスが出てきますので、
    これを保存しておきます。
    そして、ウェブリブログにログインして
    自分の記事の所で編集ボタン押して
    トラックバック送信先URL一覧
    に先ほどのアドレスを貼り付けて、
    公開ボタンを押せばいいですよー♪

    次回作、またベニー・チャン監督なんで、
    ニューポリみたいに最近の名作となるんじゃ
    ないかと期待しています。
    2006年04月17日 00:28