FantasisTaka

アクセスカウンタ

zoom RSS 新婚旅行8日目@フランス〜ヴェルサイユ宮殿・ルーブル美術館〜

<<   作成日時 : 2011/12/04 14:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
8日目
フランス

ヴェルサイユ宮殿→
車窓観光→ルーブル美術館
→ロンドン
(写真はmixiフォトで)

<ホテル出発>8:30〜
<ヴェルサイユ宮殿到着>9:15

この日は、今までずっと一緒だった
旅行会社の人気添乗員さんから、
現地ガイドさんに一時的にバトンタッチ。

くだらないオヤジギャグと、
人を見下した態度、
最悪なガイドさんでした
このガイドさんのせいで、
フランスの旅行が面白くない
ものになろうとは
…まだ知る由もなかった

ヴェルサイユ宮殿に
到着するや否や、
入り口でちょっと写真を
撮りたかったのに、
後で写真のポイントは
案内しますからと言って、
どんどん進む

画像






あ、ちょっと、
もうちょっとゆっくり
観たいんですけど…
あ、ここで
写真撮りたいんですけど…

完全無視…

画像
結局、ガラスの間まで来た所で
ようやくしばしお写真タイム…
と思ったら、さっさと適当に
みんなを撮って、もう十分でしょ
と言って、切り上げられた。

あんまりこのガラスの間は
ひかれるような場所でも
なかったんですが、
このガイドさんは、
ここが有名ですから、
ここだけおさえて下さい、
みんなここを見に来るんです、
とか言いながら、勝手に決めつけて、
見たい所を見せてくれず、
全然面白くなかったです

しかも、ちょうど、
例の世界遺産への冒涜とかで
問題になった
日本の芸術家村上隆とのコラボ
というやつの展示中で
風情もなく最悪でした

画像






画像







宮殿の外に出てからは
現地ガイドそっちのけで、
もう一番最後尾から
かなりおいてきぼり状態で、
いつものガイドさん
(超人気ガイドさんとアシスタントさん)
と一緒に行動
いっぱい写真撮ってもらった、
わーい、やっぱ、
こっちの2人がいいわぁ

画像







<エッフェル塔>

パリの街をドライブしながら、
エッフェル塔が観れる、
シャイヨ宮へと向かいます

画像
途中、凱旋門をバスの窓から
チラッと横目に眺める事が
出来ました
(ほんと、一瞬)

無理言って、前日の夜に
訪れといてよかったです。
これだけなのに、パンフレットや
旅のしおりには大々的に、
凱旋門観れますよーって
謳っているのよね
小さく車窓って補足しているから
嘘ではないんだろうけど

街をぐるぐる周って、
エッフェル塔前へ

ここで、急いで全員で記念撮影。
その後、自由時間5分ぐらいで
各々撮影タイム(-.-;
ここも、前の晩に十分堪能
していたので、
まー、よしとしましょう

画像







東京タワーもそうだけど、
やっぱり、エッフェル塔も
夜の方が断然綺麗で、オススメですよ。
お昼は、なんだかあまり
感動しませんでした。


<昼食>PEPE LOUIS

お昼ごはんは、ポーク
このレストランで働いていた
超カワイイ子がみんなに
大人気・・・
ん?ん?あれ?
よーく見ると、男の子(笑
14歳?とか言ってたかな、
一生懸命働いてる姿に
みなさんキューンってなったみたいで、
かわいがっておりました

すると、先輩ウェイター登場
後輩に嫉妬して、
俺の方がカッコいいだろう、
どうだ、いかしてるよな!?
みたいな事を言ってたのか
どうかはわかりませんが、
せっせとみんなに猛アピール

帰り際に、みんな
カワイイボーイとお写真
撮ってたら、先輩がすねちゃったので、
私がツーショットお願いしました
すると、やたら元気になり、
もっと撮れ、もっと撮れと…(笑

こういうのも旅行の楽しみですね


<ルーブル美術館>

約30万展以上所蔵されており、
全部を観るには1週間以上かかると
いわれる、ルーブル美術館へと
やってきました

入ってすぐに目についたのは、
ダ・ヴィンチ・コードに出てきた
ピラミッドです

画像









でも、ここも案内するのは
現地ガイドさん
画像
えーい、もう説明いらんわ
ってことで、のんびり
最後尾でいつものガイドさんたちと
一緒に観賞しながら進むことに

ミロのヴィーナス

きたーーーーー


あ、こっちは、
教科書にもよく登場してた
ニケだ

画像









そして、

モナリザ

だわー、本物だぁー。

画像









すげー、ここだけ人が団子状態。
ロープがあって近くにも寄れない。

帰り際には、またピラミッドに戻ってきたので、
今度こそはと思ったら、また素通り・・・
おいてかれたけど、せっかくだからと
一生懸命写真を撮りました

ルーブル鑑賞を終え、
お土産タイムのため、バスは
オペラ・ガルニエの近くの
パリ三越へ向かいます。
私たちは、三越に興味がないので、
この時間を利用して、近くの
コンコルド広場までダッシュ!!

マドレーヌ寺院の前を通り、
やってきました
コンコルド広場

画像






フランス革命時に
ルイ16世やマリー・アントワネットが
処刑された場所だそうです

中央にはオベリスク
立っています。

画像
2人でキャッキャッ
急いで写真撮って遊んでから、
また、来た道を戻る。
滞在時間15分ぐらい
だったけど満喫


そして、バスは夕食の
レストランへと向かいます。

しかし、、、
ここでまた交通渋滞発生!
全然進まない。
蘇る悪夢、ジュネーブへ向かった時も
ギリギリでしたが、今回も段々と
列車の時刻が迫ってきます。
乗り遅れると、ロンドンへの
入国が出来なくなり、次の日の
ロンドン観光自体がなくなる
という事もあり、さすがに、
大慌て

夕食のレストラン会場
へ着いた時には、
予定を大幅に遅れておりましたが、
ガイドさんがうまくタイミングを
あわせて食事を全て準備させて
おく事で、5分で食事をすませ、
さっさとバスに戻って、駅へと
向かいました
エスカルゴ楽しみにしてたのに、
あっさり瞬殺、味わう暇も
ありませんでした。

しかし、そのおかげで、
なんとか駅へは超ギリギリに到着。
ドタバタしながらも、手続き済ませて、
ユーロスターに乗り込み
いざロンドンへ!!!


<ロンドン>21:30


ロンドンに着いた後は、
バスでホテルへ向かうだけ}

実は、ハリー・ポッターで有名な駅
キングス・クロス駅の9と3/4
に行きたかったんですが、
ダメでした

でも、電車が到着した駅は、
セント・パンクラス駅。
ここは、映画
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」
でキングズ・クロス駅の
外観として使用された所だそうです

バスは、シャーロック・ホームズ
の銅像がある所の近くを
通ったので、チラリと暗闇の中に
見る事が出来ました。

ホテルに着いた時には
もう夜遅く、今回は脱走を断念

本当は、ホテルからすぐ近くに
チェルシーのホームスタジアム
スタンフォード・ブリッジ
というサッカー場
あったのですが、
ガイドさんに、酔っ払いが多く
危険だと言われて、お許しが
もらえませんでした

観たかったなぁ〜、残念


9日目へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新婚旅行8日目@フランス〜ヴェルサイユ宮殿・ルーブル美術館〜 FantasisTaka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる